【産業用太陽光発電】メンテナンス(O&M)業者おすすめ比較ランキング!発電効率を最適化したい方・管理にお困りの方まで必見!

太陽光発電のメンテナンスを怠ると起こりうるトラブルとは?

公開日:2022/02/15  最終更新日:2022/01/18


2017年4月に施行された改正FIT法により、太陽光発電のメンテナンスが義務化されました。しかし、「メンテナンスフリー」と呼ばれる高性能な太陽光発電のメンテナンスを行う必要性について疑問を抱く方も多いのではないでしょうか。そこで、この記事では太陽光発電のメンテナンスを怠ることで想定されるリスクについて解説していきます。

太陽光発電のメンテナンスを怠ると起こりうるトラブル

太陽光発電のメンテナンスを怠ることでどのようなトラブルが発生してしまうのでしょうか。その事例についていくつかご紹介していきます。

ホットスポット現象

「ホットスポット現象」とは、太陽光発電パネルなどに付着した鳥の糞や枯葉などの汚れた箇所が発熱する現象のことです。装置に付着した汚れを放置しておくとホットスポットが発生し、その熱によりセルが破損してしまう可能性があります。

寿命が短くなる

一般的な太陽光発電パネルの寿命は、20年程度といわれており、定期的にメンテナンスを行うことでさらに長い期間使用できます。しかし、この期間はあくまで装置の寿命を保証するものであり、メンテナンスを怠ることで経年劣化によって徐々に性能が衰えていきます。経年劣化した太陽光発電は発電効率が低下し、発電量が設置した時よりも少なくなってしまいます。

また、メンテナンスを怠ると発電量が減少し寿命が短くなるだけではなく、故障や不具合で人への被害につながる思わぬトラブルを招く危険性もあります。

動植物による被害

鳥などの動物がパネルや設備に侵入し、巣を作ってしまうとケーブルの断線や火災の原因につながってしまう危険性があります。また、草木が茂る木地などを活用して太陽光発電をしている場合には、雑草がパネルに巻き付いて影を作ってしまい、発電に大きな影響を与えてしまう可能性があります。

自力でメンテナンス可能?

太陽光発電のメンテナンスを業者に任せると費用がかかるため、「費用を浮かすため自分でメンテナンスしてしまおう」と考える方もいらっしゃるかと思われます。それでは、どの程度自力でメンテナンスを行うことが可能なのかについて確認していきましょう。

日常点検

太陽光発電の状態を目視で確認する日常点検は自力で行うことが可能です。中でも発電量、パワコン、太陽光パネル周辺のチェック(屋根上など危険が及ぶ場所に設置している場合には非推奨)は、トラブルの早期発見にもつながるため、こまめに行うことをおすすめします。

また、これらは地震や台風などの自然災害が発生した後にも行うことで、トラブルを未然に防ぐことができます。ただし、電気系統の点検については、非常に危険なので専門業者に任せるようにしましょう。

草刈り

太陽光発電のメンテナンスを行う方の中には、点検を業者に依頼して草刈は自力で行うという方も多いです。しかし、電気系統付近の草刈りを行う際は、誤って雑草と一緒に配線を切ってしまう恐れがあるため要注意です。少しでも不安に思った方は業者に依頼することをおすすめします。

太陽光発電システムに直接関わるメンテナンスはNG

電気系統など太陽光発電のシステムに直接触る点検に関しては、素人が不用意に触ると感電してしまう恐れがあるため、専門の知識と技術を有する業者に依頼しましょう。太陽光発電のメンテナンスの大部分を占めるのは、電気系統やシステムに直接かかわる点検であるため、やはり専門の業者に任せるのが確実です。

また、自力でメンテナンスを行う際には、設備を破損させてしまうリスクだけでなく、慣れない作業で思わぬ事故や怪我をしてしまう可能性もあるため、無理をせず自分のできる範囲にとどめておきましょう。

太陽光発電のメンテナンス費用相場

太陽光発電のメンテナンスの費用については、業者や内容によって大きく変わるため、大まかな相場についてご紹介していきます。

設備の定期点検の費用相場

住宅用の太陽光発電設備の点検の場合、法的な義務はありませんが4年に1度の頻度での定期点検が推奨されており、費用相場は1回あたり約2万円とされています。パワコンなど機材の点検費用は、メーカーによる無料保証を利用できるケースが多く、有料の場合でも1回あたり約2万円程度の相場となっています。

また、機材の故障により修理が必要な場合、こちらも保証範囲内であれば無料で行うことができますが、範囲外の場合はパワコンの修理・交換費用に10万円程度、メーターの修理・交換費用に1~5万円程度かかります。

点検・清掃のためにかかる足場代の費用相場

屋根上にソーラーパネルを設置している場合、パネルの点検・清掃を行うために足場を組む必要があります。足場代は壁一面で8万円前後が目安とされています。

 

この記事では、太陽光発電のメンテナンスを怠ることで発生するトラブル、自力で行えるメンテナンス方法、費用相場について解説しました。長く安心して太陽光発電を使っていくためには、定期的なメンテナンスが必要不可欠となります。また、メンテナンスを行う際には、費用こそかかってしまいますが、プロの専門業者に任せるのが確実といえるでしょう。

【産業用太陽光発電】メンテナンス(O&M)業者おすすめランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名とくとくサービス株式会社ウエストO&Mタカシマメンテナンス自然電力グループafterFIT
特徴災害時の駆けつけ無制限
独自のサービス「制御補償」
24時間365日体制の監視センター高い専門性や知識幅広い調達力と交渉力カスタマイズ可能なO&Mメニュー
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧