【産業用太陽光発電】メンテナンス(O&M)業者おすすめ比較ランキング!発電効率を最適化したい方・管理にお困りの方まで必見!

太陽光発電のメンテナンスを行うべきタイミングについて学ぼう!

公開日:2021/12/15  最終更新日:2021/11/29


太陽光発電のメンテナンスを行うべきタイミングは、種類によって変わりますが、定期的に行うことが大切です。しかし、いつ行えばいいのかいくらくらい払えばいいのか、いまいちピンとこないと思います。今回は、メンテナンスはなぜ行うのか、またメンテナンスの費用相場について詳しくお伝えしていきます。

太陽光発電のメンテナンスはなぜ行うの?

太陽光発電のメンテナンスはなぜ行うのかについて3つご紹介します。メンテナンスがほとんど不要といわれていますが、メンテナンスを行う大切さも同時に見ていきましょう。

1つ目は高い発電効率を維持ができるからです。ソーラーパネルの上にゴミやホコリなどの汚れがついてしまったまま使用してしまうと発電効率が低下する可能性があります。とはいえある程度の汚れは雨の日に流れやすいですが、雨ですべて綺麗にゴミやホコリを取り除くことはできません。たとえば、花粉や排気ガス、鳥のフンは落ちにくい汚れです。これらのゴミやホコリなどの汚れを放置し続けるのは太陽光発電の故障にもつながってしまうリスクがあるため定期的にメンテナンスを行うことがおすすめです。

2つ目は安全に使用できるからです。太陽光発電は使用開始してから年月がたつと、パネルや部材が台風などの強風で飛ばされてしまうリスクがあります。パネルや部品が飛ばされてしまうとご近所の方に迷惑がかかってしまったり、通行人の怪我などのトラブルになったりしかねません。また、定期的なメンテナンスで安全が確認できれば太陽光発電の故障を予防するだけでなく、暮らしの安全につながります。パネルや部材などは正しく設置できていれば飛ばされることはないのでしっかりメンテナンスをすることが大切です。

3つ目は火災を防ぐことができるからです。太陽光発電のパネルは鳥のフンや雑草の影などで太陽光が当たらず発電ができない状態が続くと、その箇所が発熱するリスクがあります。太陽光発電のパネルが発熱した際に、燃えやすい雑草などがあると急に発火してしまう可能性があるため注意が必要です。

太陽光発電のメンテナンスを行うべきタイミング

太陽光発電のメンテナンスを行うべきタイミングは4年に1度が目安といわれています。しかし、4年に1度というのはあくまで目安のタイミングです。太陽光発電を設置している周りの環境や設備に合わせてメンテナンスの対応をすることが大切です。たとえば自然災害時の時に異常が起きていないか、パネルが割れていないかどうかの確認することをおすすめします。

そのほかにも確認するべきポイントはありますが、自分で確認することはかなり難しい確認です。また頻繁に確認することが難しい場合は、業者に依頼することで太陽光発電を安全に効率よく利用できます。

太陽光発電のメンテナンス費用の目安

太陽光発電のメンテナンス費用は太陽光発電の品質や耐久年数によってさまざまです。この章ではあくまでもメンテナンスにかかる費用の目安の相場、費用を抑えるためにできることについてご紹介します。

低圧(10kW〜50kW)のメンテナンス費用相場

低圧(10kW〜50kW)のメンテナンス費用相場は年間10万円〜15万円といわれています。またこの相場は、点検の内容や年に何回点検するかによって変わります。

高圧(2000kW以上)のメンテナンス費用相場

高圧(2000kW以上)のメンテナンス費用相場は年間100万円〜200万円といわれています。高圧のメンテナンス費用は価格の幅がかなり大きいため、あくまで目安としてお伝えします。

2MW以上のメガソーラーのメンテナンス費用

2MW以上の目がソーラーのメンテナンス費用は、300万円以上のメンテナンス費用がかかります。とはいえ2MW以上のメガソーラーは発電力の量が圧倒的に多いため、メンテナンス費用が高いですが、大量の発電力量を保つためにもメンテナンスをしっかり行うことが大切です。

メンテナンス費用を少しでも抑えるためにできること

メンテナンス費用を少しでも抑えるためにできることは「パネルや部品の劣化を防ぐこと」と「雑草対策」があげられます。劣化しにくいパネルや部品を取り入れることで太陽光発電の故障につながりにくくなり、劣化しにくい分メンテナンス費用を抑えることができます。

また、設備環境を整えるための雑草対策をすることで、雑草が発電の抑制につながる、太陽光発電を汚れしてしまうなどのリスクを軽減できます。太陽光発電の雑草対策には除草剤ではなく、メンテナンスがほとんどいらない防草シートや人工芝を設置することをおすすめします。

 

太陽光発電のメンテナンスを行うべきタイミングやメンテナンス費用の相場、メンテナンスの大切さについてご紹介しましたが、太陽光発電のメンテナンスは発電の低下防止や修理費用を抑えることにもつながります。メンテナンスは定期的に怠らないようにしていくことをおすすめします。

【産業用太陽光発電】メンテナンス(O&M)業者おすすめランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名とくとくサービス株式会社ウエストO&Mタカシマメンテナンス自然電力グループafterFIT
特徴災害時の駆けつけ無制限
独自のサービス「制御補償」
24時間365日体制の監視センター高い専門性や知識幅広い調達力と交渉力カスタマイズ可能なO&Mメニュー
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧