【産業用太陽光発電】メンテナンス(O&M)業者おすすめ比較ランキング!発電効率を最適化したい方・管理にお困りの方まで必見!

太陽光発電を導入するならメンテナンスなどのランニングコストも計算

公開日:2020/12/15  最終更新日:2020/12/03

昨今クリーンエネルギーの需要が高まっており、太陽光パネルを設置する個人や企業も増えています。国や県が独自に設定している補助金もあり、上手く活用すれば格安設置も難しくはないです。その時には、設置費だけではなくメンテナンス代を考えておくことがとても重要になります。今回は、太陽光パネル関連のポイントを3点程述べます。

太陽光パネル設置のメリットについて教えてください

太陽光パネル設置の最大のメリットは、光熱費の大幅な削減にほかなりません。すべてのケースでそうなるとは限りませんが、やり方次第では光熱費が最大80%削減できるというようなこともあります。電気代で約45%削減できて、さらにオール電化になっているとガス代不要で約35%削れる計算になります。仮に光熱費が月額1万5000円だったとすれば、導入で1万2000円となり年間計算になれば14万4000円節約できる計算となります。

加えて災害対策としても、大きいメリットが見込めます。東日本大震災のケースでは停電850万世帯、ガス不供給が46万世帯で発生し大きい問題となりました。これが99%レベルにまで回復するのに電気は1週間、ガスは5週間という長いスパンを要しています。自宅に太陽光パネルを設置したとして、電力のすべてをそれ1本に絞れないこともありますが、不測の事態でも一定の自力電源があることは頼もしいものです。

ほかにも、遮熱効果も侮れません。夏場の屋根は平均70℃になり、屋根裏でも50℃にまで上がります。しかし太陽光パネルが屋根の上に覆い被さっていれば、屋根の裏側の温度は38℃以下となり、室温に至っては2~5℃も下がるという結果が出ています。これはそのままクーラーなどの使用頻度とも結びつくことになり、住環境改善という意味でも見逃せません。

日中に発電した電気をそのまま家で使うことで節約にもなり、蓄電池を搭載したプランで契約を進めるならば、溜まった電力の応用法は無限になるでしょう。

太陽光パネルのメンテナンスについて教えてください

太陽光パネルを使えば電気代は格安になりますが、夏場に70℃にもなるような屋根に設置する以上、放置したままにすると故障のリスクが出てきます。場合によっては火災や落下事故が起こることもあるのです。法律上でも「改定FIT法」が設定されてメンテナンスは義務化されています。もしも怠ってしまうと、たとえば売電を行っていた場合はその資格が取消となってしまうこともあります。

日光による紫外線ダメージもそうですが、風雨による経年劣化や鳥の糞、泥や塵などが太陽光パネルには付き物となる問題で、風の影響などで何かしらの部品が外れたり欠損したりする可能性は高いといえるでしょう。施設の性質上この問題を根本解決することは中々難しく、発電効率の上で考えても曇ったパネルよりは綺麗に掃除されていた物の方がはるかによいことはいうまでもありません。そういった点を考慮すると、メンテナンスは必須の物です。

しかし、メンテナンスの依頼先には「パネル設置業者」と「メンテナンス専門業者」の2パターンがあります。10kW未満の太陽光発電設備では概ね1回2万円が相場であり、メンテナンスの内容はパネル単体を行うのではなくて、パワーコンディショナーや配線ケーブルなどを含む施設全体をチェックすると思ってください。費用は施設が広大であれば、その分だけ費用がかかりますが、この分の料金を必要経費として折込済みにした上で利益が出るか否かは初期の段階でしっかり検討しておく必要があります。

パネル設置業者とメンテナンス専門業者の特徴を教えてください

全体的な傾向の話として、パネル設置業者にメンテナンスを依頼した場合は、設置のアフターフォローとしてメンテナンスが付いていることが多いものです。業者によっては、無償もしくは格安で受けてくれる保証が付くこともあり、事前に下調べをした上で依頼すると大きいメリットが見込めます。ただしデメリットも存在し、会社によって保証の内容が相当に違うこともあるため、すべての会社が一律の保証をしてくれると思わないほうがよいでしょう。

ほかにも後者のメンテナンス専門業者のようにパネルの故障に関する専門家ではないので、場合によっては対処できない問題も出てくる可能性があります。落下や部品の傷みといった一般的な故障の対策にはパネル設置業者がベストと考えておくと間違いないでしょう。

対して、メンテナンス専門業者の方は料金が前者よりも高いという点がデメリットですが、パネルトラブルの専門家であり対応できるトラブルの範囲はとても広くなっています。緊急時に駆けつけてくれるような制度が設定されていることもあり、太陽光パネル関係のトラブルを確実にカバーしたい時はメンテナンス専門業者に依頼することも1つの戦略です。ちなみに、こちらの場合も業者ごとで実績が違い、アフターフォローも含めてサービスの内容も相当に異なります。契約前には複数の業者から資料を取り寄せてしっかり比較検討することをおすすめします。

 

夏場に70℃にもなるような屋根に設置することもあるため、風雨などの自然環境に晒される太陽光パネルにメンテナンスは必須です。依頼先にはパネル設置業者とメンテナンス専門業者の2つがありますが、それぞれの特徴を把握しつつ、メンテナンス代を折込済みにしても利益が出るか、太陽光パネル設置前に考えておくことをおすすめします。

【産業用太陽光発電】メンテナンス(O&M)業者おすすめランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名とくとくサービス株式会社ウエストO&Mタカシマメンテナンス自然電力グループafterFIT
特徴災害時の駆けつけ無制限
独自のサービス「制御補償」
24時間365日体制の監視センター高い専門性や知識幅広い調達力と交渉力カスタマイズ可能なO&Mメニュー
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧