【産業用太陽光発電】メンテナンス(O&M)業者おすすめ比較ランキング!発電効率を最適化したい方・管理にお困りの方まで必見!

太陽光パネルのメンテナンスに必要な資格

公開日:2021/04/15  最終更新日:2021/02/15

2050年を目安にして、日本では温室効果ガスの実質ゼロを目指しています。これに伴い、企業だけでなく個人住宅でも太陽光パネルの導入が普及しており、電気の自給自足が注目されているのです。太陽光発電設備は定期的なメンテナンスが必要です。そのため、この記事では太陽光パネルのメンテナンスの概要と必要な資格について、詳しく紹介しましょう。

太陽光発電システムの概要と特徴について

太陽光発電システムとは、約2,000~3,000kwhの電力を賄える設備のことを指しています。太陽の光をソーラーパネルが受けることにより、内部に組み込まれている発電ユニットのタービンが駆動することで電気を生み出すのが特徴です。これは再生可能エネルギーと呼ばれており、現在では国連地球温暖化対策機関が定める「再生可能エネルギー装置」に指定されています。

1990年頃まではアメリカやフランスでしか製造されていませんでしたが、2000年以降は国内の大手家電メーカーでも製造するようになり、近年では比較的低価格で市場に出回るようになりました。また、政府が2010年から太陽光パネルの導入時に補助金を支給するようになったことで、一般家庭にも広く普及するに至ったのです。

太陽光発電システムの特色としては、一般家庭や企業で生み出した電気を大手電力会社に売却できる点が挙げられるでしょう。これは余剰電力売却取引と呼ばれており、100Wあたり約25円で売ることができます。蓄電池を備えることで余剰電気を蓄えることもでき、災害時などの電力供給も可能です。

一般家庭では蓄電池を備えるところが多く、災害時に停電が発生したとしても蓄えている電気を使用して、家電を動かすことができます。環境と防災への意識が高まっている昨今、家庭においてもソーラーシステムが活躍する機会が多いことも普及の要因になりました。

メンテナンスに必要な資格はこれ!

政府ならびに総務省では、一般家庭や企業に設置されている太陽光発電システムは、3年に1度の定期メンテナンスを必須としています。メンテナンスを実施している会社は2020年12月時点で全国に計2万4,000件あり、おもに電気工事専門会社がその役割を担っているのです。

太陽光発電では約5,000kwhもの電量を生み出す大型装置もあるので、無資格でメンテナンスすることはできません。必要な資格は「第一種電気工事士」、「ソーラーユニット管理技士」の2種類です。

「第一種電気工事技師」という資格は1950年に労働省(現厚生労働省)の管轄のもと整備された資格で、全国に約450万人もの方が有しているものです。電気配線やコンセントの設置などをするのに必要なもので、一般的な職業技術の免許といえるでしょう。

「ソーラーユニット管理技士」は、1998年に新しく設けられました。総務省が管轄している免許で、2020年度は約250名が合格しています。トータルではまだ12万人しか有資格者がおらず、今後は工業高等学校や専門学校等で必須教科を受講した生徒は、学科が免除となる優遇措置をして人員確保を進めることを総務省が明言しました。電気の知識と共にソーラーパネルの構造にも精通しなくてはいけないため、高度な知識と技術を有していないとソーラーユニット管理技士にはなれません。

資格を取得するのにはどうしたらいいの?

太陽光発電設備のメンテナンスを担うには、「ソーラーユニット管理技士」という国家資格を取得しなくてはいけません。さらに第一種電気工事技師免許も必要とされているので、全国的にもメンテナンスを担当できる専門家が少ないのが現状です。

新たにメンテナンス業務を担いたいという場合は、総務省が認可を与えている教育機関で、技能実習を受けるのが望ましいでしょう。全国計250か所にある職業訓練学校では、2005年から専門講座を開講して学べる環境を整えています。ここでは実技から学科を勉強でき、半年間の在籍で必要なスキルを身につけることが可能なのです。

第一種電気工事技師資格を有している場合は、最大で40時間の学科免除となり、最短3か月で修了となります。おもに高圧電流からシステムユニットの仕組み、配電・配線の技能を学んで試験に備えるのが特徴です。試験は毎年2月と9月に実施されていて、合格率は約30パーセントとされています。学科試験のみ合格点を獲得していれば、次回のテストは実技だけとなるので、ストレートでパスを狙うよりも分けて合格を目指す方が多いのが特徴です。

専門学校で学ぶこともできますが、社会人の場合は、休日や夜間に開講している職業訓練所が通いやすいでしょう。必要な費用は約6万円となっており、比較的リーズナブルだといわれています。

 

太陽光発電の概要とメンテナンスに必要な資格について見ていきました。今後も太陽光発電設備は普及をしていく見通しで、メンテナンス業務の需要は高まります。資格を取得しておけば業務の幅が広がり、就職や副業にも活かせることでしょう。資格取得を目指している場合は、職業訓練校での研修を受けてみることをおすすめします。

【産業用太陽光発電】メンテナンス(O&M)業者おすすめランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名とくとくサービス株式会社ウエストO&Mタカシマメンテナンス自然電力グループafterFIT
特徴災害時の駆けつけ無制限
独自のサービス「制御補償」
24時間365日体制の監視センター高い専門性や知識幅広い調達力と交渉力カスタマイズ可能なO&Mメニュー
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索