【産業用太陽光発電】メンテナンス(O&M)業者おすすめ比較ランキング!発電効率を最適化したい方・管理にお困りの方まで必見!

太陽光はメンテナンス次第で発電効率が変わる

公開日:2020/12/01  最終更新日:2020/12/03

太陽光発電用のモジュールは経年劣化で発電量が少なくなります。そのため定期的なメンテナンスが不可欠です。劣化してしまう原因は、PID(電圧誘起劣化)といって電池のフレームやカバーの素材からナトリウムが内部に混入する故障であり、これを防ぐために表面ガラスの点検が必要です。余計な出費を抑えて、快適に太陽光を使えるようになります。

太陽光モジュールの劣化で発電量が低下

発電用のモジュールは、大部分がガラス面できた単純構造です。そのため故障する機会はほとんどなく、定期的なチェックをしていない家庭が多いといわれています。精密機械とは違い、簡単には壊れないというイメージがあるからです。

しかし、実際には常に屋外にあるために風雨や降雪などダメージの要因は多々あります。そのため、モジュールは必然的に経年劣化してしまう性質があるので、メンテナンスの計画はしっかり立てておかなくてはいけません。重篤な故障を防ぐためにも、常にチェックが必要なものだという意識が必要です。

劣化が進行することによってガラスのつなぎ目部分などに過度な電圧がかかってしまうことがあります。この時かかった電圧によって、発電した電力が外部に漏れ出ていくことがあり、家庭や施設に供給される電気量も下がってしまうのです。使える電気が減ってしまうことは現代社会では致命的です。家電などの動きが悪くなるなどのトラブルがあったら、すぐ業者に頼んで故障が起きている面を探してもらわなくてはいけません。

また、電力が低下するだけでなく発火の危険も考えられます。発電機部分のコードやヒューズが劣化によって破損したり、過電圧に耐えられなくなったりすることがあるためです。そこから部分加熱が起こって火事を引き起こします。このようにメンテナンスをしないことで劣化と故障を見落とすととても危険なのです。

故障を引き起こすPIDの原因はナトリウム

PIDの原因は今でもすべて解明されていません。定説ではガラス面に使われている素材の中に含まれるナトリウムが、発電部分の中に紛れ込んでしまうことで起こるとされています。しかし、どうしてナトリウム漏れが起こるのかについてはわかっていません。

ナトリウム流出による故障を防ぐために、新設計の電池パネルも開発されました。液体ガラスを発電面とEVAの間に流し込むことで、内部に混入するナトリウム量を減らし減圧を防ぐのです。

この技術は、すでに設置されている太陽光パネルにも施工可能です。素材が液体なので細かな隙間の中でも取り換え工事無しで添付できます。全体を取り換えることに比べたら、簡単なことだといえるでしょう。

ただし、この技術はあくまで減圧を抑制するというもので、PIDの根本的な解決にはなっていません。今後、さらに調査研究が進んで原因が発見されることが期待されています。

とくに工場などの太陽光モジュールは規模が大きいため、本体を付け替えるのにもコストや時間がかかります。その間電気が使えないとなると、企業の生産力などに支障をきたすでしょう。点検とメンテナンスを繰り返すことで、安全に利用できます。ガラス面の単純な故障だけでなく、こうした構造的な不具合についても熟知しておかなければいけないのです。放っておいて大事故につながってはいけません。いざという時に相談する業者について、情報を集めておきましょう。

クリーニングも安定利用のために必要

ガラスの表面の汚れについても、メンテナンス時にチェックしなくてはいけません。砂塵やほこり、鳥の糞などで常に汚れてしまうリスクがあるからです。表面のくもりと汚れは、太陽の光が届きにくくなることで電力生産の効率を落としてしまいます。家屋の屋根に設置されるパネルは、個人で掃除できません。足場が悪く、広範囲なガラスを拭き切るための労力もかかります。転落事故を防ぐために、プロに任せなければいけません。

また、もともと強度に欠ける素材なので、掃除をすることでさらに傷がつくことも避けなければいけないのです。洗剤は中性のものを使い、ガラスと同じ構造であるグラスファイバーのモップを使って行われるのが一般的な掃除方法です。クリーニング業者を探すときは、パネルの洗浄に使う洗剤や道具についても確認するのがいいでしょう。

減圧トラブルのように、急に電気が使えなくなるのに比べて汚れの付着は気が付きにくいものです。少しずつ生産量が減っていくことはなかなか意識しづらいものだからです。掃除だけでも年1回から数回行うと、そのほかの故障や劣化の兆候を見つけることもできるかもしれません。設置の問題からどうしても屋根に取り付けなくてはいけないパネルは、このようにメンテナンスと切り離せません。個人でどうにかしようとせずプロの手に頼り守ってもらいましょう

 

太陽光モジュールの劣化は深刻な問題で、点検や確認で防がなくてはいけません。安全に電気を使い続け、近隣トラブルを防ぐためにも重要です。PIDの対応や汚れの除去には、専門業者を頼るのが一番です。的確な方法で機材の不調を見つけてもらい事故を防ぎましょう。

【産業用太陽光発電】メンテナンス(O&M)業者おすすめランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名とくとくサービス株式会社ウエストO&Mタカシマメンテナンス自然電力グループafterFIT
特徴災害時の駆けつけ無制限
独自のサービス「制御補償」
24時間365日体制の監視センター高い専門性や知識幅広い調達力と交渉力カスタマイズ可能なO&Mメニュー
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索