【産業用太陽光発電】メンテナンス(O&M)業者おすすめ比較ランキング!発電効率を最適化したい方・管理にお困りの方まで必見!

O&Mって何?太陽光発電のメンテナンスに欠かせないサービスとは

公開日:2022/07/15  最終更新日:2022/07/22


太陽光という再生可能エネルギーを活用して発電する、太陽光発電。FIT法が施行された2009年より本格的に普及が始まり、一般住宅にソーラーパネルがついている光景も珍しくない時代になりました。そんな太陽光発電をより長く安定して運用していくために欠かせないのが、O&Mサービスです。この記事では、O&Mサービスについて詳しく解説します。

O&Mサービスとは

O&Mとは、Operation(オペレーション)&Maintenance(メンテナンス)の略で、Operationは太陽光発電の利用を安定させることと運転管理、Maintenanceは保守点検整備の意味があります。そもそも太陽光発電は、20~30年もの間、屋外に設置します。経年劣化はもちろん、天候や自然災害の影響はもろに受け、さらに設置環境やメンテナンス状況によっては発電量が低下することもあるのです。

そこで、太陽光発電を長期で安定して利用し、そのために定期的なメンテナンス、発電量の監視をするのが、O&Mサービスです。2017年にFIT法が改正され、太陽光発電に対するO&Mは義務付けられました。しかし、O&Mを個人で行うのは難しいです。そのため、O&M専門の業者に依頼をするのが一般的です。

O&Mの役割

O&Mサービスは、具体的にどのような役割を担っているのでしょうか?

発電量監視

Operationの中でも大切な役割が、毎日の発電量の監視です。FIT法では、発電量の記録を残すことが必須とされているため、欠かせない役割となっています。発電量の監視は、太陽光発電所に行って直接電力メーターを確認する方法と、遠隔管理システムで確認する方法があります。

監視システムの管理

発電量の確認に使う監視システムの管理も重要な役割です。監視システムには、発電量の表示、発電量の記録や保存、異常発生監視の3つの機能があります。

トラブル発生時の復旧対応

O&Mサービスは、太陽光発電にトラブルが発生したときに復旧の対応をしてくれます。監視システムなどでパワーコンディショナーやソーラーパネルの異常を検知すると、すぐに現場に駆けつけてくれるので安心です。

保守点検

Maintenanceでは、定期的な保守点検を実施します。保守点検では、設備の老朽化、ソーラーパネルやパワーコンディショナーといった危機の絶縁・接地抵抗、獣害の有無などを確認します。

敷地・用地管理

O&Mサービスでは、太陽光発電が設置してある敷地や用地の管理をするのも大切な仕事です。保守点検のメンテナンスに加えて、太陽光発電が効率よく稼働するよう、太陽光パネルの洗浄や、除草作業を行います。太陽光パネルは、長期間洗浄しないと汚れが付着して、発電量が減少します。さらに、汚れが原因でパネルに熱が生じるホットスポット現象が起こり、パネルが故障してしまうこともあるのです。

また、周辺の雑草の影がソーラーパネルにかかると、影が電気抵抗になってしまい、ホットスポット現象の原因になります。景観や美観を維持するためにも、ソーラーパネルの洗浄と除草作業はO&Mにおいて非常に重要なのです。

O&Mサービスの費用はいくら?

O&Mサービスの一般的な相場としては、家庭用の太陽光発電は1kWあたり4,000円、産業用の太陽光発電は1kWあたり5,000円ほどです。FIT法でO&Mが義務化されたことで、O&Mサービス業者は増加しています。しかし、FIT法ではO&M契約のガイドラインは定められていません。そのため、業者によって費用が異なるのです。

必要な項目に対応しているか

O&Mサービス業者を選ぶときは、費用以外にもチェックすべきポイントがあります。

まずは、O&Mに必要な項目すべてに対応できるかどうかです。先ほどご紹介した、発電量の管理、トラブル発生時の復旧対応、定期的な保守点検の実施、敷地・用地管理の項目に対応しているかどうかを調べましょう。

明確な金額の提示があるか

次に、金額を掲載しているかどうかです。O&Mサービスにかかるコストは、今後太陽光発電を運用していく上でのコストにも含まれます。今後のシミュレーションができるよう、ホームページなどで明確な価格が提示されているところを選びましょう。

確かな導入実績数があるか

最後に、導入実績数です。FIT法に則り、産業用太陽光発電はFIT制度適用期間の20年間、家庭用太陽光発電は10年間、O&Mサービスで運用と保守を続けなければなりません。この先10年、20年ずっと、ご自身の太陽光発電を任せられる業者でなければいけないのです。そのため、これまでの導入実績数が多い業者を選ぶと安心でしょう。

 

太陽光発電は当初、メンテナンスフリーともいわれていました。しかし、経年劣化や自然災害といった被害は免れられず、2017年に改正されたFIT法で、メンテナンスの重要性が見直されたのです。どこのO&Mサービスに依頼するかによって、太陽光発電の寿命が決まるといっても過言ではありません。ここでご紹介したO&Mサービスの役割や、費用、業者の選び方を参考に、大切な太陽光発電を任せられるO&Mサービスを見つけてみてください。

【産業用太陽光発電】メンテナンス(O&M)業者おすすめランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名とくとくサービス株式会社ウエストO&Mタカシマメンテナンス自然電力グループafterFIT
特徴災害時の駆けつけ無制限
独自のサービス「制御補償」
24時間365日体制の監視センター高い専門性や知識幅広い調達力と交渉力カスタマイズ可能なO&Mメニュー
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧