【産業用太陽光発電】メンテナンス(O&M)業者おすすめ比較ランキング!発電効率を最適化したい方・管理にお困りの方まで必見!

メンテナンス以外にも方法はある!太陽光発電の発電量を低下させないコツ

公開日:2021/07/15  最終更新日:2021/06/21


太陽光発電を始めたら、発電量は気になりますよね。ちょっとしたことでも発電量は下がってしまいかねません。定期的にメンテナンスはするとしても、他に発電量が下がらないように対策しておくことはないのでしょうか。今回は、定期的なメンテナンスを始め、メンテナンス以外にもやるべき発電量を下げないコツについて解説します。

太陽光発電の発電量が低下する原因

太陽光発電の発電量低下の予防をする上で知っておくべき、発電量が低下する原因には何があるのでしょうか。ここでは3つご紹介したいと思います。

一つは、太陽光パネルの汚れです。太陽光発電は太陽光パネルに太陽光が当たることで発電しています。それゆえ、太陽光パネルに何か付着物が付いてしまうと、そこだけ“陰”ができてしまい、発電量の低下につながります。

二つ目は、パワーコンディショナーの停止です。パワーコンディショナーは、太陽光パネルが発電した電気の流れを制御するものです。これが止まってしまうと、当然、発電しても売電できずに売上の減少につながります。最近では遠隔監視でパワーコンディショナーの運転状況も見ることができますが、正常に運転しているかどうかはきちんと見ておくべきでしょう。

そして最後に、「ストリング」の停止があります。太陽光パネルの中には、発電を行う「セル」という板が張り巡らされており、これらを直列の回路でつないであります。このまとまりのことをストリングというのですが、この中の回路が断線したり接触不良を起こしていたりすると、発電した電気がうまく流れず、売電量の低下を招きます。目視では分からないので、きちんと専門の点検方法によって点検する必要があります。

太陽光発電の発電量を低下させないためには

太陽光発電の発電量を低下させないために行うべきポイントを3つ挙げてみます。

一つは、やはりメンテナンスの重要性を認識して、適時適切なメンテナンスを欠かさず実施することです。常に屋外に設置され風雨にさらされていますので、何かの拍子に故障したり、故障の原因になるようなことが起こったりすることは充分に考えられます。きちんとメンテナンスの計画を立てて、予算を組み、適切なメンテナンスを実施していくことが重要です。

太陽光発電システムの定期点検は、最初に1年が経ったところで実施し、その後は4年おきに、そして、太陽光パネルやパワーコンディショナーの保証が切れる直前に実施すると良いと言われています。設置されている場所の環境条件により、海の近くで塩害が起こりやすい地域や大雪や雷など気象条件が厳しい地域の場合は、これよりも頻度を高くした方が良いようです。大きな地震や気象災害があった後も点検しておくと良いでしょう。

次に、信頼して長期的な視点でメンテナンスを任せられるメンテナンス業者の選定です。メンテナンスは追加的に掛かる費用ですので、なるべくお金を掛けたくない気持ちは出てきてしまうことと思います。しかし、太陽光発電システムはお金を生む大事な設備ですので、金額だけではなく、実績と知識を充分に備え、誠意を持って対応してくれる信頼の置けるメンテナンス業者を選ぶべきでしょう。

そして最後に、月々の発電量を記録しておくことです。これまで見てきたように、太陽光発電システムの不調は発電量に如実に表れてきます。日頃から発電量に関心を持ち、記録しながら見ていくと、どこかで故障などの不具合が起こっている可能性があることが見えてきます。発電量は同じ地域でも季節的な変動があります。

しかし、例えば数ヶ月単位で長期的に見たときにこの傾向よりも大きく発電量が下がってしまうようなことがあれば、どこかで不具合などの異常が発生している可能性が考えられます。メーカーに修理を依頼するときなども、保証の範囲内かどうかの判断に役立ちますので、日々の発電量はきちんと記録しておくことをお勧めします。

簡単な点検であれば自分で行うことも可能

太陽光パネルの汚れなどは自分で見ても分かる場合が多いですので、定期的に自分で見て回っても良いでしょう。高所に設置されている場合は注意が必要ですが、無理のない範囲で目視での点検をしておくのも、問題の早期発見に役立ちます。また、ケーブルや周辺機器など、外から目視で見える範囲で腐食や動物がかじった跡がないか見て回っておくのも、未然の事故の防止に役立ちます。

一方で、太陽光発電システムは高い電圧の電気を扱っているため、不用意に電気機器に触ってしまうと危険です。メンテナンスを委託している業者とも相談して、あくまで安全な範囲で点検して下さい。

 

今回は定期的に依頼するメンテナンス以外にもやるべき発電量低下の防止のためのコツについて解説しました。日頃からシステムの状況や発電量に関心を持つようにすることで、ちょっとした気付きなどから故障による停止や発電量低下の予防に役立てることができます。そうした取り組みの助けになれば幸いです。

【産業用太陽光発電】メンテナンス(O&M)業者おすすめランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名とくとくサービス株式会社ウエストO&Mタカシマメンテナンス自然電力グループafterFIT
特徴災害時の駆けつけ無制限
独自のサービス「制御補償」
24時間365日体制の監視センター高い専門性や知識幅広い調達力と交渉力カスタマイズ可能なO&Mメニュー
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧