【産業用太陽光発電】メンテナンス(O&M)業者おすすめ比較ランキング!発電効率を最適化したい方・管理にお困りの方まで必見!

太陽光発電のメンテナンスはなぜ必要?理由と効果を徹底解説!

公開日:2021/08/15  最終更新日:2021/06/21


太陽光発電は、発電にあたって部品が動く「可動部分」がなく、故障しにくいイメージがあるかもしれません。しかし、太陽光発電も定期的なメンテナンスをしないと、故障や事故、発電量の低下による売電収入の減少を招くおそれがあります。今回は、太陽光発電のメンテナンスが必要な理由としっかりメンテナンスした場合の効果を解説します。

太陽光発電にメンテナンスは必要不可欠

可動部分がなく「置いてあるだけ」のイメージが強い太陽光発電も、メンテナンスは必要不可欠です。例えば、分かりやすいところでは、太陽光発電の主要な部材の一つである「太陽電池モジュール」は、砂埃や鳥の糞などの汚れが付くことで発電量が低下してしまうことがあります。それだけではありません。災害によって発電設備がダメージを受ける場合もあります。地震や台風で設備が損傷を受けた場合は、すぐに運転を停止し、然るべき対応を取らなければなりません。

また、太陽光発電を行っている場所は、無人で柵で囲っただけの場合が多いことと思います。いたずらや動物が機材をかじるなどによる損傷、さらには機材の盗難、特に銅が含まれる電線ケーブルの盗難などによって設備が損傷し、発電システムの動作が止まってしまうことも考えられます。

その場合に備えて、発電設備の異常を検知する監視システムを設置し、緊急時の遠隔操作などによって安全を確保するために必要な措置を取らなければなりません。そして、この後に説明するように、可動部分が少ないだけに故障も見た目には分かりにくい場合が多いのです。定期的にきちんとした検査を受けないと、故障を見逃して思わぬ事故や発電量低下を招きます。

太陽光発電システムの管理不備による火災事故も多発しています。法律も改正され、2017年に改正された「改正FIT法」により、50kW未満の太陽光発電システムでもメンテナンスが義務化されました。そうしたことを考えると、専門の信頼できるメンテナンス会社と契約し、日頃からきちんとしたメンテナンスの計画を立て、メンテナンスを確実に実施していくことが重要になります。

目に見えないトラブルが多い

太陽光発電の発電システムは、実際に電気を起こす「太陽電池モジュール」を始め、いろいろな機器を組み合わせて構成されますが、風力発電などと比べても可動部分が少なく「ただ置いてあるだけ」に見えるため、故障が分かりにくいことが多いです。例えば、太陽電池モジュールは中に入っている「セル」と呼ばれる部品が不具合を起こすことがあります。

しかし、見た目には分かりません。「EL検査」という専門の検査方法による検査を行うことで、セルショートと呼ばれるセル単位での故障により発電不良を起こしているセルを特定することができます。このような発電不良を放っておくと、発電量の低下による収入源につながります。

また、システムに付随する「パワーコンディショナー」も一見して故障しているかどうかは判断できません。正常に動作しているかどうか、電気設備のプロに見てもらうことが必要でしょう。ケーブルが外れていないか、動物にかじられて損傷していないか、といった観点から目視で点検することも重要ですが、太陽光発電では、こうした専門の検査方法を用いないと判明しない不具合があることは覚えておかなければなりません。

定期的に太陽光発電のメンテナンスをするメリット

太陽光発電は見た目には故障が分からない場合があり、だからこそ定期的にメンテナンスする必要があります。メンテナンスを怠って、問題が発生している状態のまま使い続ければ、火災などの事故につながったり、発電量の低下による売電収入の低下を招いたりします。定期的に太陽光発電システムのメンテナンスを実施する一つのメリットは、そういった点にあるでしょう。

また、こうした定期的なメンテナンスの結果のデータを蓄積していくことで、パネルに不具合が見つかったとき、不具合の原因を究明して、メーカー保証によって修理・交換するどうかを検討するときの判断材料にもなります。

定期的にメンテナンスを実施して、他に問題なく正しく使用されていたことが記録として残っていなければ、メーカーに保証を求めることができる「製品そのものに起因する不具合」かが判断できません。記録が残っていることで、それを判断材料に適切に判断することができ、余計な手間やコストを掛けずに済むとも考えられます。そうした観点から見ても、定期的なメンテナンスは重要だと言えるでしょう。

 

今回は、太陽光発電システムのメンテナンスの必要性とその理由や効果について解説しました。目立って動く部分がないだけに、見た目には分からない不具合が多いという特徴から、定期的にメンテナンスを実施することが必要だということが分かっていただけたかと思います。定期的に適切なメンテナンスを実施して、思わぬ問題を未然に防ぐことに役立てていただけたら幸いです。

【産業用太陽光発電】メンテナンス(O&M)業者おすすめランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名とくとくサービス株式会社ウエストO&Mタカシマメンテナンス自然電力グループafterFIT
特徴災害時の駆けつけ無制限
独自のサービス「制御補償」
24時間365日体制の監視センター高い専門性や知識幅広い調達力と交渉力カスタマイズ可能なO&Mメニュー
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧