【産業用太陽光発電】メンテナンス(O&M)業者おすすめ比較ランキング!発電効率を最適化したい方・管理にお困りの方まで必見!

太陽光発電のメンテナンスに関する資格の種類について知ろう!

公開日:2021/10/15  最終更新日:2021/11/29


太陽光発電は法律によって定期的にメンテナンスを行うことが義務付けられています。最大限のパフォーマンスを発揮し、長く太陽光発電を行うにはメンテナンスの質が大切です。そこで、この記事では良質なメンテナンス業者を選ぶ際に重要となる太陽光発電メンテナンスの資格の種類やメンテナンスの頻度についてご紹介していきます。

太陽光発電のメンテナンスに資格は必須?

従来では太陽光発電を設置する際にFIT法により安全基準を満たしていれば導入可能でしたが、2017年4月に施行された改正FIT法により、住宅用太陽光発電もメンテナンスが義務付けられるようになりました。太陽光発電のメンテナンスは資格がなくとも簡単な点検であれば自分で行うことができます。

しかし、素人が不充分な知識のままメンテナンスを行うのは非常に危険なため、知識と技術を有する専門の業者にメンテナンスを依頼することをおすすめします。資格保有の有無については、良質なメンテナンス業者を見極める時の判断基準となるため重要となります。

太陽光発電のメンテナンスに関する資格の種類

太陽光発電のメンテナンスに関する資格にはさまざまな種類があります。どのような資格があるのか見ていきましょう。

太陽光発電メンテナンス技士資格

「太陽光発電メンテナンス技士資格」は、一般社団法人太陽光発電安全保安協会(JPMA)が実施する試験に合格することで付与される資格です。太陽光発電のメンテナンスに関する基礎知識や実践的な内容まで幅広く習得した者に付与されます。依頼するメンテナンス業者の中に「太陽光発電メンテナンス資格」の有資格者がいれば、専門的かつ実践的な知識と技術を有した方がメンテナンスを行ってくれるため、安心して任せられるでしょう。

太陽光発電メンテナンス技士補

「太陽光発電メンテナンス技士補」は、資格予備校であるLEC(株式会社東京リーガルマインド)を指定教育機関として、太陽光発電安全保安協会が認定している資格です。太陽光発電に関する基礎知識やメンテナンスの技術を学び、正しい方法で太陽光発電を運用することを目標としています。太陽光発電安全保安協会が独自で実施している「太陽光発電メンテナンス技士資格」よりも、比較的に取得しやすい資格といわれています。

また、「太陽光発電メンテナンス技士補」を取得した後に、「太陽光発電メンテナンス技士資格」にステップアップすることも可能であり、その場合には特別価格で講習を受講できます。

PIAの認定技士

太陽光発電システムの技術開発を行っている太陽光発電検査協会(PIA)が交付する認定制度です。太陽光発電技術者の育成とスキルアップを目的とし、協会が発行したオリジナルのテキスト等を用いて研修・講習を行い、修了した者に技術認定が交付されます。実習を交えながら太陽光発電システムの保守点検について学ぶことが可能です。

技術認定には2日間にわたって講習が行われる第2種技術認定と、2日間にわたる第1種技術認定の2種類があります。第2種技術認定では、太陽光発電やメンテナンスの基礎的内容を、第1種技術認定では、I-Vカーブやサーモカメラなどの実践的な技術をそれぞれ習得することが可能です。

PV施工技術者制度

太陽光発電協会(JPEA)が開設した「PV施工技術者制度運営センター(Jcot)」が運営を行う制度です。一般住宅用の太陽光発電システムの施工に必要な基礎知識や技術の認定を行うことで、業界全体の施工品質水準の確保・向上を図ります。太陽光発電のメンテナンスに特化した制度ではありませんが、点検と維持管理について学ぶことが可能です。そのため、「PV施工技術制度」の資格を持つ方がメンテナンス業者にいる場合には、施工の安定性や信頼性が高まるでしょう。

太陽光発電のメンテナンス頻度

太陽光発電のメンテナンスを業者に依頼する場合、どのくらいの頻度で依頼するのがよいのでしょうか。そこで、太陽光発電のメンテナンスを行う目安についてご紹介していきます。

メンテナンスは最低でも年1回が目安

故障や不具合を早期発見することから、太陽光発電のメンテナンスを行う頻度は最低でも年1回のペースが好ましいでしょう。しかし、年1回というのはあくまで目安と捉え、太陽光発電の状態に違和感を覚えた際には直ちにメンテナンスを依頼することをおすすめします。例としては、「稼働当初より発電効率が低下している」「太陽光パネルを固定するボトルが緩んでいる」などが挙げられます。このような不具合を発見した際には、速やかにメンテナンスを行うことが重要となります。

天候や時期によって即メンテナンスも考慮しておく

天候や時期によっては、すぐにメンテナンスを行う必要もあるので注意しておきましょう。とくに花粉や黄砂が多い時期には、太陽光パネルが汚れたり破損したりする可能性があるため、早期に対策を行うことが大切です。早期に不具合を発見し、メンテナンスを依頼することで未然にトラブルを防ぎ、長く太陽光発電を使用できます。

 

ここでは、太陽光発電のメンテナンスを依頼する際に重要となる資格の種類やメンテナンスを行う頻度についてご紹介しました。メンテナンスを依頼する際には、本記事で紹介した太陽光発電のメンテナンスに関する資格の有資格者がいる業者に依頼することで、安心してメンテナンスを任せることができるでしょう。

【産業用太陽光発電】メンテナンス(O&M)業者おすすめランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名とくとくサービス株式会社ウエストO&Mタカシマメンテナンス自然電力グループafterFIT
特徴災害時の駆けつけ無制限
独自のサービス「制御補償」
24時間365日体制の監視センター高い専門性や知識幅広い調達力と交渉力カスタマイズ可能なO&Mメニュー
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧