【産業用太陽光発電】メンテナンス(O&M)業者おすすめ比較ランキング!発電効率を最適化したい方・管理にお困りの方まで必見!

低圧太陽光発電のメンテナンスは料金が安い?

公開日:2020/12/15  最終更新日:2020/12/03

本記事では、低圧太陽光発電のメンテナンス料金について説明します。結論からいうと、メンテナンス料金は高額であることが多いようです。10年から15年寿命の部品を交換すると20万円から30万円かかります。その他にも定期点検や掃除代だけでも3万円くらいは費用がかかります。コンピューターなどと同様に、メンテナンス事業を展開しているのです。

低圧太陽光発電のメンテナンスとは?

多くの場合、精密な電子部品や機器は屋外に設置されており、適切なメンテナンスが不可欠です。逆にいえば、クルマと同様で外にあることを前提として作られているので、耐久性は高いともいえます。理由はクルマも精密な電子部品や器機を多く搭載しているからです。

ソーラーパネルが汚れたり、設備が劣化したり問題が発生したりすると、発電効率が低下し、発電損失が大きくなります。そのため、売電収入が減少してしまうのです。また、安全上の問題もあります。発電設備の劣化中に災害が発生した場合、それに応じて被害が大きくなります。ソーラーパネルの表面に汚れがあると、影の部分(ホットスポット)が熱で発火し、ケーブルの損傷やパワーコンディショナーの故障により発火することがあります。整備を怠ると、経済的にも安全にも高いリスクが発生します。

「外的要因」により発電効率が低下する太陽光発電では、主に外部環境「外的要因」により発電効率が低下します。太陽光発電システムは、個人が設置するのが難しいシステムです。そのため、多くの人は問題や失敗に気づいていません。

太陽光発電システムは、請負業者による定期的なメンテナンスの際に初めて気付く人もいるほど、故障に気づきにくい装置です。また太陽光発電の知識が少なく、電気料金の値下げにあまり関心がない事業者であれば、トラブルに気付かない場合があります。太陽光発電を長期間使用したい場合は、定期的なメンテナンスを請負業者に依頼することをおすすめします。

太陽光パネルの費用は実は高い

太陽光発電システムは整備不要ではありません。冒頭でも説明した通りに高額なメンテナンス費用がかかります。たとえば、自動車の充電システムであれば一度設置すれば、それほどメンテナンスはかかりませんが、太陽光パネルは自動車の充電システムよりはシビアな機械です。発電システムを放置すると、さまざまなトラブルの原因になります。

「整備不要」という用語は、耐久性があり長寿命の発電システムを誇張したものであり、完全に「整備不要」ではありません。可能であれば、毎月の運転点検と定期的なメンテナンスにより、太陽光発電システムのより安全で長期的な運転が可能です。一方、整備を行わないと光熱費の削減として太陽光発電を設置すべきだったとしても、損失を被ることになります。そして問題を放置すると、発熱や漏電により火災の原因となります。

パソコンなどの電気製品では、機器の故障や異常による発熱や発火が発生する可能性がありますが、太陽光発電でも同様の可能性があります。また発電システムは大規模な装置であるため、火災が発生した場合、被害が大きくなる可能性が高いです。そのため、信頼できる専門家による定期的なメンテナンスは、人命を防ぐために非常に重要です。仮に毎月の点検を行うとしたら、20万円から30万円はかかることになります。それ以外にも費用はかかり実はかなり高額な費用なのです。

太陽光パネルのメンテナンスは実は必要ない?

実際には、メーカーがいうほど神経質になる必要はないでしょう。パナソニックなど大手メーカーに聞いてみるのが確実だと思います。設置業者は、設置するだけなので製造元のメーカーに問い合わせるのが一番です。しかし、掃除だけで3万円というのは相場から見ても高すぎます。人の心配を煽って商売をしていると感じてしまうでしょう。

そもそも、太陽光パネルの設置場所は人がまったく存在しないので、火事になってもそれほどの被害があるとは思えません。仮に被害があったとしても軽度でしょう。それに、設置する前にそのようなリスクの説明があるのは当然なので、設置したあとで、「危険なリスクがある」と説明されることは購入者からしたら疑問に思います。メーカーもすべて嘘をいっているわけではないので、最低限の技術的知識と常識を持っていれば、不必要なメンテナンスは必要ないと判断できるはずです。

たとえば、クルマにしても誰もがディーラーで車検や整備を行うわけではなくて、各自で安い店を見つけたりして車検整備をしています。それと同じように、大手メーカーが製造した太陽光パネルなので耐久性は高いと考えて、必要最低限のメンテナンスに留めておくことをおすすめします。他にも、高価な自転車を購入して、自転車屋のオーナーに「ここの部品は変えないと危険ですよ」とよくいわれる事がありますが、実際には変える必要がないことがほとんどです。

 

ここまで発電システムの整備について説明してきました。結論は「メンテナンス料金」は安く済ませましょうということです。業者からのすすめは断っても大丈夫なので、低価格での運用を心がけましょう。国家プロジェクトのような大規模なパネルは整備費用もかかりますが、もともと売電の効率もそれほど高くないので、逆にマイナスになっては本末転倒だからです。

【産業用太陽光発電】メンテナンス(O&M)業者おすすめランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名とくとくサービス株式会社ウエストO&Mタカシマメンテナンス自然電力グループafterFIT
特徴災害時の駆けつけ無制限
独自のサービス「制御補償」
24時間365日体制の監視センター高い専門性や知識幅広い調達力と交渉力カスタマイズ可能なO&Mメニュー
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧