【産業用太陽光発電】メンテナンス(O&M)業者おすすめ比較ランキング!発電効率を最適化したい方・管理にお困りの方まで必見!

太陽光発電のメンテナンスの大まかな種類について知っておこう!

公開日:2021/11/15  最終更新日:2021/11/29


太陽光発電は設置したら終わりではなく、定期的にメンテナンスを行うことで長く安心して運用できます。そこで、この記事では太陽光発電のメンテナンスの大まかな種類や方法、メンテナンスにかかる費用について解説していきます。太陽光発電のメンテナンスを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください!

太陽光発電のメンテナンスが大切な理由

太陽光発電のメンテナンスが大切な理由は、改正法により義務化されただけではありません。最大限のパフォーマンスを発揮し、長く安心して使っていくためにも、定期的なメンテナンスは欠かせません。ここで、太陽光発電におけるメンテナンスの重要性について見ていきましょう。

故障・不調を防ぐため

太陽光パネル(ソーラーパネル)は野外に設置されているため、常に外気にさらされている状態となります。そのため、台風・地震などによる自然災害・気候変化や、鳥の糞、飛来するゴミなどの影響により、パネルが破損したり汚れたりする可能性が非常に高いです。傷や汚れを放置しておくことで、部品の故障や腐食につながる恐れがあります。

また、最悪の場合には火災や部品の落下など大きな事故へと発展する可能性もゼロではありません。このような設備の故障や不具合を未然に防ぎトラブルを回避するためにも、太陽光発電の定期的なメンテナンスは欠かせないのです。

発電性能の低下を防ぐため

太陽光発電のメンテナンスが大切である2つ目の理由は、経年劣化による発電性能の低下を防ぐためです。とくにパワーコンディショナーやソーラーパネルといった部品については、汚れや傷を放置しておくと経年劣化により稼働当初よりも太陽光発電の発電性能が低下してしまう恐れがあります。しかし、このような設備のメンテナンスを素人が行うのは非常に難しいでしょう。そのため、太陽光発電のメンテナンスに詳しい専門の業者にメンテナンスを依頼することをおすすめします。

太陽光発電のメンテナンスの種類

太陽光発電のメンテナンスはどのような種類があるのでしょうか。ここでは、主な太陽光発電のメンテナンス方法の種類について解説していきます。

定期点検

機器の故障や不具合を点検し、長期間にわたり太陽光発電を安全に運用できるようメンテナンスを行います。主な点検箇所としては、パワーコンディショナーやソーラーパネル、配線、電力量計、ブレーカーといった部品が対象となります。メンテナンスの内容は、目視で部品の不具合を確認する「目視点検」と、実際に電流や発熱を機器によって測定する「数値測定」を行います。

清掃

太陽光パネルの表面に付着した鳥の糞や砂埃などの汚れを取り除いていくメンテナンスとなります。パネルを屋根上に設置している住宅の場合、点検のために足場を組む必要があり、メンテナンスの費用とは別途で足場代がかかるため注意しておきましょう。また、しつこい汚れが付着している際には、高圧洗浄機を用いて汚れを取り除いていくこともありますが、パネルメーカーによっては使用が推奨されていないものもあるため、事前に確認しておくとよいでしょう。

太陽光発電のメンテナンスにかかる費用

太陽光発電のメンテナンスにかかる費用は、作業内容や依頼する業者などによって大きく異なります。そこで、作業内容ごとの大まかな費用相場や予算の目安についてご紹介していきます。

太陽光発電のメンテナンス費用の相場

太陽光発電のメンテナンスにかかる費用の相場は、点検費用が1万円~2万円、清掃費用が3万円~8万円といわれています。また、メンテナンスの際に設備に故障箇所が見つかった場合には、これらの費用とは別に修理費が加算するため、あらかじめ余裕をもって予算を組んでおくとよいでしょう。

足場代

太陽光発電を安全に運用・維持していくためにはメンテナンス費用以外にも費用が発生します。主な費用の例としては足場代が挙げられます。足場代とは、太陽光発電の設備が屋根上など高所や急な勾配に設置している場合、点検のために使用する足場を組むためにかかる費用です。足場を組む際には、メンテナンス費用に加え、追加で足場代を支払う必要があるため注意しておきましょう。業者や状況によって異なりますが、足場代にかかる費用はおよそ5~10万程度とされています。

故障・修理箇所の修理費

太陽光発電のメンテナンスをしている際に部品の不具合や故障を発見した場合、修理や交換が必要になります。故障の際に修理・交換が必要となることが多い部品の種類と修理費については以下の通りです。

・パワーコンディショナー:約20~30万円
・太陽光パネル:1枚あたり約10~15万円

パワーコンディショナーは、太陽光パネルで発電した電力を家庭で使用できるように変換するために必要な部品となります。パワーコンディショナーの寿命は10~15年が目安とされていますが、設置箇所やメンテナンスの有無によっては寿命が短くなる可能性もあるため、必要に応じて交換することをおすすめします。

また、太陽光パネルの寿命はおよそ20年といわれていますが、こちらについても設置箇所やメンテナンスの有無によって異なりますが、しっかりとメンテナンスを行うことで30年使用できたというケースもあります。

 

ここでは、太陽光発電のメンテナンスの重要性、メンテナンスの種類・方法、費用相場について一挙に解説していきました。太陽光発電は野外にさらされていることから、そのまま放置していると汚れや傷がみるみると蓄積されていきます。そのため、長く運用していくために定期的にメンテナンスを行うことが大切です。メンテナンスを専門業者に依頼する際にはさまざまな費用が発生するため、余裕をもって予算を用意しておきましょう!

【産業用太陽光発電】メンテナンス(O&M)業者おすすめランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名とくとくサービス株式会社ウエストO&Mタカシマメンテナンス自然電力グループafterFIT
特徴災害時の駆けつけ無制限
独自のサービス「制御補償」
24時間365日体制の監視センター高い専門性や知識幅広い調達力と交渉力カスタマイズ可能なO&Mメニュー
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧