【産業用太陽光発電】メンテナンス(O&M)業者おすすめ比較ランキング!発電効率を最適化したい方・管理にお困りの方まで必見!

自分でできる太陽光メンテナンスや点検方法

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/11/16


自然環境問題の取り組みと省エネそして災害時の負担軽減策として、一般家庭で太陽光発電の普及率が伸びています。ただ太陽光発電を使う上で、常に環境の影響を受けることになるのでダメージが積み重なります。そこで太陽光発電を使う上で、自分でできるメンテナンスや点検方法を知っておくと故障のリスクを最小限にできるのです。

太陽電池アレイ架台を調べることから始まる

自分でできるメンテナンスや点検方法として、真っ先に調べる箇所なのが太陽電池アレイ架台周辺です。太陽電池アレイ架台というのは、屋根もしくは庭にパネルを設置する際に太陽光が当たりやすいようにするための土台になります。この太陽電池アレイ架台は鉄筋コンクリートを敷き、その上に支柱を立ててパネルを設置する流れなので土台が劣化をすると倒壊を招くので大変危険です。

点検方法としては、まず鉄筋コンクリートを見ます。鉄筋コンクリートの周辺を見て腐食やサビがないことを確認し、内部が劣化していないか確認をするために軽く叩いてみて異音がしないこと、そして亀裂がないかどうか確認をするとよいです。

次に確認をするのが、太陽光発電システムのモジュールフレーム周辺です。モジュールフレームはパネルを設置するための土台であり、常にパネルの重みを支える重要なポイントになります。表の部分はパネルが防御しているのでダメージは軽微で済みますが、問題はパネルの隙間そして裏側です。パネルの隙間に汚れが溜まっていると、そこから水やカビが侵入することによって強度が落ちます。

そのため点検方法としては日が当たっていない時に、全体像を目視してからできる範囲でいいので拡大鏡を使って隙間を調べるとよいでしょう。そして見落としがちの裏側も、しっかりと点検する必要があります。ケーブルが断線していないか、そしてモジュールにカビ汚れや亀裂などの破損がないかを確認するとよいです。

太陽電池アレイ架台を調べたら接続箱周辺へ

太陽電池アレイ架台を調べたら、次は最も重要な接続箱周辺を調べます。太陽光発電システムの仕組みをおさらいすると、設置したパネルに太陽光が当たると光による熱が発生するのです。その光による熱エネルギーを回収し、ケーブルを通してタービンに送ることで電気を生みます。でき上がった電気は、そのままでは使えないので変電機に送る必要があるのです。

その変電機を置くために必要なのが、タービンと接続をしている接続箱になります。もし接続箱に不具合があれば、そこから電気の大敵の埃や砂だけでなく雨が入ることで故障するリスクがあるのです。そのため接続箱は太陽光発電のメンテンナンスでもとくに重要ポイントなので、点検をするときには3か月に1回は確認することをおすすめします。

確認するポイントは、当然ながら箱の状態を確認することから始まるのです。箱の表面を見て隙間がないか目視するだけでなく、表面を見てカビ汚れや錆そして腐食が起きていないかを調べます。もし腐食や錆そしてカビ汚れがついている時には、ホームセンターで錆及び腐食汚れを取る洗浄液が売っているのでそれを使って取り除きます。

そしてケーブルの破損は漏電のリスクがあるので、箱に接続されているケーブルに傷がついていないかを確認するとよいです。もし傷がついているのであれば、無理はせずに漏電を防ぐために電気を遮断するテープを貼り付けて応急処置をします。

素人ではできない部分は把握しておこう

自分でできる太陽光メンテナンスや点検方法をおさらいすると、パネルを支える太陽電池アレイ架台と変電機を守るための接続箱を調べることです。これらの部分を半年に1回を目安に確認をすることで、異常が起きる前に対処できるので故障するリスクを減らせます。

ただし素人ができるメンテナンス及び点検方法というのは、この太陽電池アレイ架台と接続箱の状態を確かめるまでになります。太陽光発電で重要な部分ともいえる、太陽光の光を吸収するパネルや変電機そしてケーブルの接続部分は精密機械なので素人には対処できません。

異常が出た場合何とか修理したいという気持ちはわかりますが、これらの部分を知識がない人間が誤って触ってしまうと余計に状態を悪くするだけでなく、下手をすれば漏電による感電によって身の危険にさらされる恐れがあります。そして本来であれば太陽光の光を吸収するパネルや変電機そしてケーブルの接続部分を修理する場合には、専門の国家資格が必要になるのです。

そのため重要な部分が破損している場合には、素人は手を出さずに早急に業者に委託をして修理してもらう必要があります。修理費用としては見積もりを取ると5万円から10万円以上がかかることになりますが、それでも完全に故障してしまって、新しく買い直すよりは安くすみます。もし太陽電池アレイ架台と変電機を守るための接続箱以外で異常が見られたときには、無理をしないことが最善の手段になります。

 

太陽光発電システムは小型化が進み、庭だけでなく屋根に設置することで自家発電ができるようになっています。ただ屋根に設置する場合において自分でメンテナンスや点検をするのが難しいことも考えられるので、もしできないのであれば無理をせずに業者に委託して修理してもらうのが安全です。

【産業用太陽光発電】メンテナンス(O&M)業者おすすめランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名とくとくサービス株式会社ウエストO&Mタカシマメンテナンス自然電力グループafterFIT
特徴災害時の駆けつけ無制限
独自のサービス「制御補償」
24時間365日体制の監視センター高い専門性や知識幅広い調達力と交渉力カスタマイズ可能なO&Mメニュー
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧