【産業用太陽光発電】メンテナンス(O&M)業者おすすめ比較ランキング!発電効率を最適化したい方・管理にお困りの方まで必見!

安いだけじゃだめ!太陽光発電のメンテナンス業者の選び方

公開日:2021/01/15  最終更新日:2020/12/16

地球環境を守るため、また省エネを実現するために太陽光発電の設置が推奨されています。一般家庭でも、太陽光発電システムの導入が行われるようになりました。しかし太陽光を効率よく電気に変換し続けるためには、システムの定期的なメンテナンスが必要です。そのメンテナンスを適切に行うためには、どのような業者を選べばよいかを紹介します。

太陽光発電システムのメンテナンスの必要性と内容

太陽光発電システムを導入するには高額な費用が必要です。しかしシステムの導入によって、毎月の電気代を安くあるいはゼロにできます。余った電気を電力会社に売ることも可能なので、設置にかかった費用を取り戻すことも期待できるでしょう。

しかし、年月の経過とともに太陽光発電システムは劣化し、屋根などに設置しているパネルは雨風や暑い空気、寒い空気にもさらされているので、劣化は避けられません。かつては安全基準を満たしていれば導入できた太陽光発電ですが、2017年の法律改正において「安定して電気の供給ができているか」という審査基準が設けられたので、定期的に点検を行うことが義務付けられました。資源エネルギー庁は4年に1回以上定期的なメンテナンスを行うことを推奨しています。

点検の内容としては、まず目視をして外箱に腐食や破損がないか、配線の異常やねじのゆるみがないか、接地線に異常がないかなどの点を確認します。次に機器を使って測定を行います。太陽電池と接地間、または出力端子と接地間の各モジュール系統をすべて指定の条件で測定して、その結果が規定数以上であることを確認し、さらに接地抵抗値を測定して100Ω以下であることの確認をするのです。接続箱がある場合は各モジュール系統の解放電圧も測定します。こうした目視と電気測定が定期的なメンテナンスとなりますが、メンテナンスには費用がかかります。相場は1回につき2万円程度です。

メンテナンス業者に必要なスキルについて

太陽光発電システムのメンテナンスでは目視と電気測定を行います。この際、作業者はパネルを設置してある場所まで登り、電気が通っている場所で作業を行う必要があります。この作業は感電の恐れがあり、誰でもできるものではありません。メンテナンスの資格を有した技術者に依頼することが、適切な検査を行ってもらえるため安全だといえるでしょう。

資格は国家資格ではありませんが、民間資格がたくさんあります。たとえば一般社団法人の「太陽光発電安全保安協会」が認証する技士と技士補という資格があります。技士の取得にはメンテナンスの基礎から実践的な内容まで幅広く学ぶ必要があり、技士補を取得するために太陽光発電やメンテナンスに関する知識や技術と、正しい運用法を学びます。ほかにも民間資格取得のための検定や認定試験があり、それらの資格を取得するためのセミナーや勉強会も行われているので、資格を有する技術者は作業に必要な知識や技術を習得していることが証明され、安心して点検の依頼ができるのです。

さらに太陽光発電システムを販売するメーカーが与える資格もあります。この資格は、それぞれのメーカーの持つ商品の特徴について、しっかりと把握した専門家が持つ資格を指します。費用が掛かるから自分で点検をしようとするのではなく、これらの資格を有している技術者に依頼をすることで安全に適切な点検が可能となるのです。正しいメンテナンスを施せば、太陽光発電システムはその後も適正な稼働率を発揮してくれるでしょう。

メンテナンス業者の選び方について

全国には太陽光発電のメンテナンスを行う業者が5,500社以上あるといわれています。どのような業者を選ぶべきか、4つのポイントをあげます。

まず、技術者の知識や技術は万全で経験が豊富かということです。業者の中には施工部門がない業者や、あっても必要な点検をするだけで細部までケアができず、点検後雨漏りなどのトラブルが起こる施工技術の未熟な業者が存在します。そのため、施工部門があって工事機材が揃っており、点検の流れなどをしっかり説明してくれる業者を選ぶことが重要です。

次にメンテナンスの内容が設置するシステムに合っているか確かめます。定期点検だけでなく緊急時にも駆けつけてくれたり、遠隔で監視できたりするシステムがついているなど、点検以外のサービス内容も充実しているところを選ぶと安心です。またそれは、重複した点検を行って無駄な費用を払わなくてもよいということにつながります。

3つ目は有資格者がいるかどうかです。資格を持っている技術者は知識も技術も習得しているので、安全に適切な点検をしてもらえます。設置している太陽光システムのメーカーと同じメーカーからのIDを取得している技術者ならさらに安心できるでしょう。

4つ目は費用の問題です。相場より安すぎても不安感が強まりますが、相場より高くても費用がかさんでしまい光熱費の節約も効果的ではなくなってしまいます。相場程度の費用で行ってくれる業者を選ぶことが重要です。

 

太陽光発電システムは設置することで省エネや光熱費の削減ができます。しかし、定期的なメンテナンスを行わないと劣化する一方になり、安定した電気が供給されなくなってきます。そのため適切なメンテナンスを行ってくれる業者を選ぶ必要があります。施工部門を持ち、相場の料金で有資格者が作業を行う業者を選ぶことが大切です。

【産業用太陽光発電】メンテナンス(O&M)業者おすすめランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名とくとくサービス株式会社ウエストO&Mタカシマメンテナンス自然電力グループafterFIT
特徴災害時の駆けつけ無制限
独自のサービス「制御補償」
24時間365日体制の監視センター高い専門性や知識幅広い調達力と交渉力カスタマイズ可能なO&Mメニュー
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索