【産業用太陽光発電】メンテナンス(O&M)業者おすすめ比較ランキング!発電効率を最適化したい方・管理にお困りの方まで必見!

太陽光パネルはメンテナンス次第で売電できる発電量が変わる

公開日:2021/06/15  最終更新日:2021/02/15

太陽光パネルを設置して収益をあげようとしている人が多くいます。中にはパネルを設置したら、あとは何もしなくても発電してお金を稼いでくれると考えている人もいるようです。しかし、実際は定期的なメンテナンスが必要であり、メンテナンスをしないと売電できる発電量も変わってくるのです。どのようにメンテナンスするか紹介します。

春から秋にかけては草刈りが必要

太陽光パネルを設置する場合、空き地が利用されます。周りにはフェンスが張られますので、誰も中には入りません。敷地は次第に雑草が生い茂ってくるのです。雑草が生えないように除草シートや砂利を敷く場合もありますが、その分コストがかかるでしょう。そのようにしても効果は一時的で、砂利やシートの隙間から雑草が生えてきます。夏になると大きくなった雑草は邪魔をして、その結果発電量が減ってしまうのです。発電量が減ることは、売電の収益が減ってしまうことを意味します。そうならないようにするためにも、定期的に草刈りをする必要があるでしょう。

草刈りをする時にも注意点が複数あるのです。草刈りの機械でケーブルを傷つけたり、切断したりしないように注意が必要になります。もし、切断したら大変なことになるでしょう。とくにLANケーブルの交換は手間がかかるので注意しましょう。また、石を飛ばしてパネルを壊してしまうこともあります。高速で回転する草刈り機は小石を凶器に変えてしまい、小さな石が簡単にガラスを割ってしまうのです。

いずれにしても注意深さが求められますが、定期的に草刈りをする必要があります。専門業者に任せるなら安心、定期的に確認してくれるので、自分でチェックしに行く手間が省けるでしょう。真夏の炎天下での草刈りは熱中症のリスクもありますから、無理しないで行う必要があるのです。

壊れたパネルを交換することも必要

投資の1つとして太陽光パネルを設置した場合、20年など契約期間は長期に及びます。その間、すべてのパネルが壊れることなく、通常通り発電してくれるならよいのですが、必ずしもそうとは限りません。壊れてしまうことがあるのです。パネルが壊れてしまうと発電ができないため、売電をして収益を上げることができなくなります。

少数ならそれほど大きな影響はないかもしれませんが、それが増えていくと影響が大きくなるのです。太陽光パネル1枚の重さは20キロ程度になりますので、1人で持てない重さではありません。しかし、幅があるため1人では持ちにくく、移動する際にぶつけたら破損してしまいます。そのため、交換する時は最低でも2人必要です。しかも内側のパネルが壊れた場合、手前側のパネルをすべて取り外す必要が生じます。確かに交換は簡単ではありません。

しかし、定期的にメンテナンスをして、壊れたパネルを交換することは、売電で収益を上げ続けるうえで必要なことです。電気の知識も求められますので、電気工事士の資格を持った人にメンテナンスをしてもらう必要があります。そうすることで、長い期間でも発電して、安定した収益を上げることができるでしょう。まったく壊れないというケースは少ないため、壊れた時にどのようにするのか前もって考えておくことが大切であり、そうすることで収益を上げ続けられるのです。

太陽光パネルをキレイに掃除することも大切

太陽光パネルを設置した場合、そこに人の出入りはほとんどありません。しかし、フェンスのすきまから小動物や昆虫、鳥がやってきます。鳥が糞を落とすこともありますし、台風のあとは木の枝や葉っぱがパネルに張りつくこともあるでしょう。そのようなトラブルが何もなくても、ホコリはパネルの上にたまっていくのです。パネルの上に障害物ができれば、そのスペースは発電ができませんので、売電量に影響が出てきます。そのため、パネルを定期的に拭くことで、売電量を安定させ収益を保つことができるでしょう。

定期的に清掃するのは煩雑に思えるかもしれませんが、台風の後は様子を見にいく必要があるでしょう。また、パネルを拭く時は小雨の時が一番適しています。太陽光パネルを設置している場所に水道はありませんから、雨の日に自然の力を借りてキレイにしてしまうのです。雨の中での作業は大変ですが、効率がよい清掃方法でしょう。

パネルの表面を美しく清掃することで発電効率が維持でき、売電の収益も安定したものとなります。そして、そのようにしっかりメンテナンスをするなら、長期間の契約中でも大きなトラブルになることなく、継続して発電してくれます。頻度としてはそれほど多くはありませんが、時折パネルを磨いてあげるとよいでしょう。

 

太陽光パネルをメンテナンスすることは大切であることがわかります。草刈りや壊れたパネルの交換、パネルを清潔に保つことができるなら、売電での収益を上げ続けることができるでしょう。そして、投資した分の元を取ることができます。

【産業用太陽光発電】メンテナンス(O&M)業者おすすめランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名とくとくサービス株式会社ウエストO&Mタカシマメンテナンス自然電力グループafterFIT
特徴災害時の駆けつけ無制限
独自のサービス「制御補償」
24時間365日体制の監視センター高い専門性や知識幅広い調達力と交渉力カスタマイズ可能なO&Mメニュー
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧