【産業用太陽光発電】メンテナンス(O&M)業者おすすめ比較ランキング!発電効率を最適化したい方・管理にお困りの方まで必見!

太陽光発電のメンテナンスにかかる費用

公開日:2020/11/15  最終更新日:2020/11/16


故障が少なく長年使用できるため数ある投資方法の中でも有用とされる太陽光発電ですが、最低限のメンテナンスは必要です。売電価格を定めている資源エネルギー庁調達価格等算定委員会からも、保守点検や管理・修繕の必要性をガイドライン中で述べています。ここでは太陽光発電に必要なメンテナンス費とランニングコストについて解説します。

メンテナンス費の内訳・定期点検費用

太陽光システムのメンテナンス費用は、主に定期点検費とパワコン交換費の2種類です。まず定期点検の内訳を見ていくと、点検1回あたりの費用は2万円前後が一般的です。資源エネルギー庁によればその頻度は4年に1回が妥当であるとされており、20年間運用すると仮定すれば定期点検にかかる経費は10万円となります。

なお定期点検はあくまで推奨であり、法的な義務が課せられている訳ではありません。長期にわたって安定した発電量を維持することが、安全性を確保する上で重要とされています。長年の運用により気象状況や自然災害の影響により、製品としての不具合や設置環境の悪化などが懸念されます。安定した運用には不可欠であり、国の売電価格もそれを組み込んだ上で価格を決定しているためぜひ定期的に点検を行いたいところです。

具体的な定期点検の作業内容は、太陽電池・接続箱やパワコンに対して目視および電気的な測定を行うことです。たまに作業内容を知って、自分でメンテナンスを試みようという方もおられます。

しかし専門的な電気製品でありチェックには技術・知識と経験が必要なこと、不慣れな場合感電の恐れがあることからきちんとした点検専門の企業に任せた方が無難です。また足場の悪い屋根の上に登って、転落したり屋根を破損させたりといったアクシデントもありえます。その上修理が不適切であった場合、メーカー保証が得られない場合もあるため自身で修理はやめた方がよいでしょう。

メンテナンス費の内訳・パワコンの交換費

パワコンの交換費もメンテナンス費の1つであり、相場は20万円前後です。パワーコンディショナーの略称であり、太陽電池で発電した直流電流を交流へと変換する装置です。PCSという別名称がある他、海外ではPVインバーターとも呼ばれています。多くの家電製品では交流で使用することを前提に設計されているため、家庭で電気を使う上では欠かせません。

光を受けて発電した直流電力をパワコンへと送信して、内部で交流電力に変換したのち分電盤へと送る役割を果たします。頑丈な太陽電池とは異なり、常にフル稼動状態で機械が損傷していくためある程度の期間が経てば交換が必要となります。資源エネルギー庁によると20年に一度の交換が目安であり、費用はおよそ19〜20万円です。

なお住宅用の太陽光システムで使用されているパワコンの変換効率は、95%前後が一般的です。変換効率が高いほど電気エネルギーを有効に使えることになるため、数値が上がるほど価格もそれに比例して上昇します。

交換を機にパワコンの変換効率をグレードアップさせたい場合、さらに費用が上がることも覚えておいてください。2つの経費を踏まえて20年間運用を前提とした年間のメンテナンス費用は、およそ1万5千円を見ておくと安心です。厳密には太陽光システムの規模により必要となる経費は異なるため、導入を検討している方はそのメーカーに問い合わせて目安額を確認するとよいでしょう。

メンテナンス費以外に発生しうるランニングコスト

ここではメンテナンスの他に発生しうる、太陽光システムのランニングコストに関しても見ていきます。システムにおいて発生する可能性が高いトラブルにパネル故障が挙げられ、その修理費用が候補となります。ただ現在多くの太陽光発電メーカーはパネルの出力保証期間を25年に設定しており、その期間内である限りは故障してもメーカー保証が適用されるため無料で修理可能です。

なおメーカーが定めた施工基準を満たしていない場合、保証対象外となるため注意してください。次にランニングコストとして発生する可能性のある要素に、税金も挙げられます。太陽光発電は投資アイテムであり、固定資産税や所得税といった課税対象になるケースがあります。しかしこれらは事業用において起こりうる税金であり、住宅用の場合は課税対象となる可能性は限りなく低いです。

所得税の場合は経費を差し引いた雑所得が20万円であること、固定資産税は屋根材一体型のみが対象であることが条件となります。住宅用の規模で売電収入が20万円以上になることはほとんどなく、家庭用のモデルの大半が屋根置き型であるため課税対象となる事例は非常に稀です。そして最も費用が発生しやすい候補に、工事トラブルが挙げられます。

多くの正規業者ではあり得ませんが、ごくまれにずさんな工事を行う悪質な業者をつかんでしまった場合、工事瑕疵による出費は懸念材料の1つです。本来は工事によって起きた不具合や製品の傷は、工事保険が適用されて無料で修理が可能となります。しかし業者が倒産した場合、ほとんどが施主負担の修理となってしまうため業者はきちんと選びましょう。

 

太陽光システムは基本的にメンテナンスフリーとされているものの、電気製品である以上故障や損耗はつきものであり定期点検が欠かせません。重要なパーツであるパワコンに関しても、時期を見て交換することで安定した運用が保てます。20年にわたる運用を目指すなら定期点検を実施し、パワコンの交換に備えて毎年少しずつ貯蓄をしておくことをおすすめします。

【産業用太陽光発電】メンテナンス(O&M)業者おすすめランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名とくとくサービス株式会社ウエストO&Mタカシマメンテナンス自然電力グループafterFIT
特徴災害時の駆けつけ無制限
独自のサービス「制御補償」
24時間365日体制の監視センター高い専門性や知識幅広い調達力と交渉力カスタマイズ可能なO&Mメニュー
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索