【産業用太陽光発電】メンテナンス(O&M)業者おすすめ比較ランキング!発電効率を最適化したい方・管理にお困りの方まで必見!

太陽光のメンテナンス内容にはどんなものがある?

公開日:2020/11/01  最終更新日:2020/11/16


投資目的で太陽光発電のパネルを設置する人が増えていますが、取り付けた後は何もしなくてよいわけではありません。安定して発電するためにはメンテナンスが必要になります。では、メンテナンスの内容にはどんな点があるのでしょうか。自分でするのかそれとも外注する必要があるのか、考える必要がありますのでよく理解して選ぶことが大切です。

草刈りはメンテナンスの基本です

太陽光パネルの設置角度や高さは地域によって異なります。たとえば、東北や北陸などの雪が降る地域では、かなり高くなります。しかし、鹿児島など雪が降らない地域では、低くても問題ありません。斜面か平地かでも変わってきますが、メンテナンスがしやすいかどうかが大事です。山の斜面に設置されている場合は、管理が大変になります。

春から秋にかけて雑草が伸びてきますが、雑草がパネルを覆うようになると発電量に影響が出てくるため、定期的に草刈りをする必要があります。とくに夏場は何度も行う必要があり、設置面積が広い場合は大仕事になるのです。草刈りの時には機械を使いますが、細心の注意が必要になります。パネルの近くはコード類が集中していますので、傷をつけないようにしなければなりません。

また、LANケーブルを切ってしまったら一大事です。石を飛ばしてパネルを傷つけたり、割ってしまったりということもあるかもしれません。草刈りは非常に大事ですが、慎重に行うべき作業です。

パネルが設置されている場所は立ち入り禁止になっているので、野生動物や昆虫、植物の楽園ともなります。蛇や虫が苦手な人は中に入りたくないでしょう。このように考えると、草刈りは専門のメンテナンス業者にお願いするほうがよいことがわかります。きれいに草刈りをすることによって、安定した電力を供給できるでしょう。

パネルをきれいにすることで発電力を保つ

太陽光パネルは人里離れた所に設置されますが、定期的に確認、管理することが大切です。完成した時は輝いていたパネルも、月日が経つにしたがって汚れてきます。当然のことですが、表面をきれいに保つことは発電量に影響してきます。何もしていなくてもホコリはたまりますし、鳥のフンが落ちることもあるのです。台風が来れば葉っぱや木の枝がパネルの上に落ちてきます。

いちいちそれらを取り除いていたらかなりの労力がかかりますが、どうしたらよいのでしょうか。メンテナンス業者によって違いますが、定期的にパネルを拭いてくれるところもあります。ある業者は釣り竿を加工して、伸び縮みするパネル掃除用のモップを作っていました。それだけではメガソーラーを充分に清掃することは難しいですが、個人の投資家が設置した太陽光発電であれば、それほど大きくないことから充分に対応が可能でしょう。

個人の方であれば、発電量をキープして、投資した分を少しでも早く回収したいと思うはずです。パネルをきれいにすることで、安定した電力を発電できるならそのほうがよいでしょう。年に数回掃除するだけでも違ってきますので、パネルをきれいにすることを意識することをおすすめします。とくに斜面や高い位置に太陽光パネルが設置されている場合は、個人でパネルを拭くのは難しいので、専門の会社にお願いした方が事故や怪我もなく安全で安心できるでしょう。

壊れたパネルの交換もメンテナンスに必要な作業

人間が作ったモノですから必ず壊れますし、不良品が混ざる可能性もあり得ます。太陽子パネルを設置する時にLANケーブルをつなぎますが、そのケーブルを通じて発電量がわかります。ブロックごとに発電量がわかりますので、もし数字が極端に大きかったり、小さかったりした場合は故障が考えたほうがよいでしょう。大抵のメンテナンス業者は交換用にパネルを保管していますので、必要に応じて交換できます。

しかし、その前に専用の機械を使ってパネルに異常があるか確認をし、不具合の確認ができたら交換をしますが、この作業も簡単ではありません。一番端に設置されていればよいですが、真ん中のパネルを交換する場合に、他のパネルも取り外す必要があるためかなりの作業量になります。数枚交換するのに半日から一日かかる場合もあるのです。

ですから、面倒な場合は不良品が何枚か出てからまとめて交換することも考えたほうがよいでしょう。日中は太陽光パネルが発電をしているので注意が必要です。うっかりコードを抜くとバーストといって壊れてしまう危険があります。パネル交換は傷つけないように注意が必要なだけでなく、重いため一人では交換が難しい作業です。

そのため専門の会社にお願いすることをおすすめします。ほとんどの投資家は保険に入ると思いますが、メンテナンスはどうなるのか事前に確認しておきましょう。壊れたパネルの交換はメンテナンスの内容の中でも大事なポイントです。

 

太陽光発電は長期的な投資になってきますが、メンテナンスは必ず必要になってきます。草刈りだけでなく、パネルの掃除や壊交換したりすることで安定した収入をもたらしてくれますし、投資した分のお金を早く回収できるでしょう。

【産業用太陽光発電】メンテナンス(O&M)業者おすすめランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名とくとくサービス株式会社ウエストO&Mタカシマメンテナンス自然電力グループafterFIT
特徴災害時の駆けつけ無制限
独自のサービス「制御補償」
24時間365日体制の監視センター高い専門性や知識幅広い調達力と交渉力カスタマイズ可能なO&Mメニュー
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧