【産業用太陽光発電】メンテナンス(O&M)業者おすすめ比較ランキング!発電効率を最適化したい方・管理にお困りの方まで必見!

太陽光パネルの洗浄は必要!キレイにする掃除方法を紹介

公開日:2021/09/15  最終更新日:2021/11/29


太陽光発電は、太陽光パネルを設置すれば日が照っている限り発電してくれるのが特徴です。そうとはいえ、太陽光パネルが汚れていてはきちんとパネルに太陽光が当たらず、発電量の低下を引き起こします。今回は、太陽光パネルを洗浄する必要性とメリット、そしてその方法について解説します。

太陽光パネルを洗浄するメリット

太陽光発電は太陽光パネルに太陽光が当たることによって発電します。太陽光パネルを屋外に置いておくだけで、日中、陽が当たっている間、勝手に発電してくれるところが嬉しいところですね。しかし、それゆえに太陽光パネルに太陽光がきちんと当たらないと発電量が落ちてしまうことがあります。日陰にならないところを選んで太陽光パネルを設定しているのに、太陽光がきちんと当たらないとはどういうことでしょう。

それは、太陽光パネルに何かしらの付着物が付いてしまう場合です。屋外に置いてあり常に風雨にさらされている以上、風に乗っていろいろなものが飛んできます。それらが太陽光パネルに付着することで、太陽光パネルに部分的な“影”ができてしまい、それが発電量の低下を引き起こします。雨で洗い流されてしまうこともありますが、基本的には人手を使って丁寧に洗浄する方が良いと言われています。

なぜなら、後でも説明しますが、雨では流れないような汚れも多いからです。こうした汚れを放置しておくと、長期にわたって売電収入を下げる原因になり、事業の採算に影響するおそれもあり得ます。ご自身で洗浄しても良いですが、高所での作業になる場合は危険でもありますし、専用の機械を使う必要がある場合もありますので、専門の業者に依頼したり、定期メンテナンスのメニューの中に組み込んでメンテナンスを委託している会社に依頼したりすることも考えると良いです。

なお、定期メンテナンスでは目視でも太陽光パネルを見ていきます。この時に一緒に汚れ具合も見てもらうことで、著しい汚れが見つかれば、洗浄方法の提案もしてもらえます。その際、売電収入の低下と洗浄料金を天秤に掛けて、費用対効果をきちんと見ておきましょう。パネルがきれいになっても、それによって回復する売電収入を洗浄費用が上回ってしまうようなら、あまり効果が得られません。洗浄回数やタイミングなども考慮に入れて、最小限の費用で売電収入を最大限に引き上げることを考えてみて下さい。

太陽光パネルを掃除する方法

太陽光パネルを掃除する方法には、手作業でやる場合と専用の機械を使う場合があります。手作業でやる場合は、マイクロファイバーモップで拭き取っていきます。手作業ですので、範囲が広いと時間が掛かり、人件費がかさんで費用が高めになる傾向にあるので注意が必要です。主に、「10kW未満の住宅用太陽光発電」や「低圧(50kW未満)の産業用太陽光発電」に向いていると言われています。

一方、機械を使う場合は、水圧ブラシが付いた高圧洗浄機で洗浄してきます。大きさは女性でも持てるくらいの小型のものから大型のものまであり、太陽光発電の設備の規模によって使い分けられます。手作業よりも早く作業ができ、汚れを落としやすいというメリットがありますが、水を大量に使うため、水の確保と排水の管理が必要になります。

また、洗浄のタイミングも重要です。例えば、春先には花粉や黄砂が大量に飛散します。こうした時期に洗浄してもすぐに汚れてしまうことが予想されるため、この時期の洗浄は控えた方が良いでしょう。洗浄を行うなら雨が少なくなる梅雨明けに行うのが良いとされています。日本では一年の中でも春から夏にかけての時期がよく発電すると言われているため、この時期にしっかり洗浄して、一年間、きっちり発電できるように備えると良いでしょう。

掃除だけでは落ちない汚れとは

セメントや塗料

掃除だけでは落ちない汚れの一つに、セメントや塗料があります。これは太陽光パネルの周囲で行われる工事の現場から風に乗って飛散してきたものが付着する場合です。簡単には取れないため、太陽光パネルの設置を依頼した販売店に相談してみましょう。

鳥の糞

鳥の糞も典型的な太陽光パネルの汚れです。糞そのものは洗浄できれいに落ちる場合がほとんどのようですが、糞が付いていた跡が残ってしまうことがあります。そうした跡が発電量に直接影響することはないようですが、もしも気になるようでしたら、こちらも太陽光パネルの設置を依頼した販売店に相談してみましょう。

 

今回は太陽光発電を開始した後の大事なメンテナンスとして、太陽光パネルを洗浄することの必要性とそのメリット、そして掃除の方法について解説しました。太陽光パネルの汚れが原因で発電量が落ちてしまうのは非常にもったいないことです。もちろん洗浄にも費用が掛かるので、毎日、洗浄すれば良いというものでもありませんが、洗浄のタイミングの見計らいと業者の選定をきちんと行い、費用対効果の高い洗浄を検討してみて下さい。

【産業用太陽光発電】メンテナンス(O&M)業者おすすめランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名とくとくサービス株式会社ウエストO&Mタカシマメンテナンス自然電力グループafterFIT
特徴災害時の駆けつけ無制限
独自のサービス「制御補償」
24時間365日体制の監視センター高い専門性や知識幅広い調達力と交渉力カスタマイズ可能なO&Mメニュー
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧