【産業用太陽光発電】メンテナンス(O&M)業者おすすめ比較ランキング!発電効率を最適化したい方・管理にお困りの方まで必見!

メンテナンスフリーの太陽光の特徴とは

公開日:2020/11/01  最終更新日:2020/11/16


太陽光発電システムを持っている人なら、メンテナンスフリーという言葉を聞いたことがあるでしょう。とはいってもシステムは精密機器になり、屋外にあるので台風など天気の影響を受けやすく、永久的に何も問題がなく運用できるとは考えにくいものです。メンテナンスフリーといわれる太陽光発電についてご説明します。

メンテナンスフリーでも定期的なチェックが必要不可欠

太陽光発電システムを販売しているメーカーには、メンテナンスフリーをアピールするところがあります。それが真実であれば、投資回収が早まるためオーナーにとっては嬉しいことでしょう。太陽光発電がスタートした当時、メンテナンス不要であるといわれていました。太陽光がまだそれほど普及しておらず、太陽光パネル自体が長寿命で長期保証があったからです。

設置については、ある程度傾斜があるため、雨が降った場合でも自然と汚れなどが流れるように工夫されています。太陽光発電が普及していくと、これまでは想像しなかったさまざまなトラブルが発生してきました。太陽光発電は、パネルはもちろん、パワーコンディショナーやケーブル、架台などさまざまな機器や設備で構成されている精密機器です。

パネルだけでは売電できず、パワーコンディショナーや架台に不良やトラブルがあると、売電にも何かしら影響が現れます。システムの性能をきちんと発揮するためにも、定期的なメンテナンスは必要なのです。非常に精密な機器であるため、専門的なスキルや知識がないと、小さなトラブルに気づくことは難しいでしょう。

しっかりと作動していると思われていた機器でも、チェックを行うことで初めてトラブルに気づくことも多いです。パワーコンディショナーが抜けたままになっていないか、汚れが溜まっていないかなど、細心の注意が必要になります。異常をそのまま放置しておくと売却ロスにつながることもあるでしょう。またパワーコンディショナーなどから発火するリスクもあります。

パワーコンディショナーなどが故障する可能性

太陽光発電を販売しているメーカーや業者はたくさんあり、有料でチェックを行っている業者もあれば、数年間無料でチェックする業者もあります。契約した業者が修理やチェックをしっかりと行ってくれるのなら、とくに問題はありません。中には、自らが施工や販売した機器であるため、何かしらの不良を隠すことやチェックを後回しにする業者があることも予想されます。点検報告がレポート1枚という簡単な報告で済ますこともあるでしょう。

さまざまな業者があるため、一概にメンテナンスフリーはメリットがないともいえません。メンテナンスフリーであっても、信頼できる他の業者に点検を依頼することは可能です。システムはパネルだけではなく、架台やパワーコンディショナー台などさまざまな機器や設備などで成り立っています。仮に太陽光パネルが長い間何も問題がなかった場合でも、パワーコンディショナーや配線などに何かしら不具合があるかもしれません。

台風や積雪などによって太陽光を支える架台などが変形している可能性も考えられるでしょう。一般的な家電でも10年使っていると、どこかの部分が故障し、また経年劣化なども見られます。太陽光発電システムは屋外に設置されているので、通常の家電製品以上に外的な要因を受けやすくなっているため、故障やトラブルなどの発生事例は多いでしょう。定期的なチェックが不要となっていても、ある程度時間が経ったなら一度業者に相談して調べてもらうと安心です。

求められる長期運用を考えての導入

太陽光発電システムは一般的に20年間という長期投資になります。20年の間、何のトラブルも起きずに、運用できると考えているならそれは甘い考えかもしれません。自動車の車検のように太陽光発電システムも定期的なメンテナンスが必要となるでしょう。無駄なく投資した分を回収したいなら、所有しているシステムを確認し、機器の状態を管理しなければなりません。

業界では専門会社や施工店、販売店など多種多様な業者が存在しています。サービスメニューも業者によってさまざまであり、所有しているシステムにとって必要なものを考慮しなければなりません。業者を選ぶ際のポイントとして、最も重要なのが遠隔監視です。遠隔監視を導入することによって、毎日の発電量を把握でき、トラブルの際にもすぐに対応できます。

チェック内容については、架台やパネルなどに傷や破損などがないかの確認や、20年間長期運用ができるかを踏まえた上で実施するのが目視点検になります。目視はもちろんパネルやパワコンなどが発電しているか、性能を引き出しているかなど電気点検も必要です。万が一トラブルが起きた際、駆け付けてくれるような体制が整っていることもポイントになります。定期点検のために業者を選ぶ場合、所有するシステムにとって必要なサービスを行っているかきちんと判断しましょう。

 

太陽光発電に関してメンテナンスフリーという言葉がありますが、このシステムは20年間の長期投資になります。長い間、何の問題もなく動かすのは不可能です。施工と修理やチェックは別物になるので、定期的なチェックを行い適切な管理を行わなければなりません。万が一のトラブルの際、駆け付けてくれるような業者を見つけておくと安心です。

【産業用太陽光発電】メンテナンス(O&M)業者おすすめランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名とくとくサービス株式会社ウエストO&Mタカシマメンテナンス自然電力グループafterFIT
特徴災害時の駆けつけ無制限
独自のサービス「制御補償」
24時間365日体制の監視センター高い専門性や知識幅広い調達力と交渉力カスタマイズ可能なO&Mメニュー
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧