【産業用太陽光発電】メンテナンス(O&M)業者おすすめ比較ランキング!発電効率を最適化したい方・管理にお困りの方まで必見!

太陽光のメンテナンス協会一覧とサービスまとめ

公開日:2021/02/15  最終更新日:2021/01/05

太陽光発電のシステムを安全に活用するには、点検・管理など適切な保守による維持がとても重要です。メンテナンスを行う協会は全国に多数ありますが、それぞれまたどのような特徴があるのでしょうか。この記事では3つの協会を挙げて、各協会の事業内容や行っているサービスについて紹介します。太陽光発電を取り入れたい人は参考にしてください。

一般社団法人日本太陽光メンテナンス協会(JSMA

一般社団法人日本太陽光メンテナンス協会は、システムの普及と発展を目指して、太陽光発電に関する情報提供や調査、技術指導に加えてシステムの保守点検や維持管理などのサービスを提供しています。安定した発電のために早期のメンテナンスが重要であることを掲げ、太陽光発電パネルの各メーカーとの保証基準の策定や折衝サービスを行ったり、計測に関してメーカーと共同開発を行ったりするなど調査および研究開発を進めているようです。

また保守点検や維持管理に関して、ガイドラインを提案したり、技術者の育成や技術支援を行ったりなど力を入れているのも特徴です。業務内容や計測方法を指導する勉強会を定期的に開催し、優れた技術者の育成を目指しているほか、メンテナンス業務に興味がある初心者向けの特別講座も行っています。技術支援については、発電システムの運用において重要な電気系統についてプロフェッショナルがサポートしています。

また、会員は発電事業者だけでなく、システム販売店や施工会社、機器メーカーなどが集まり相互に協力体制をとっているため、全国で連携して各地で迅速に対応することを可能としている点がポイントです。適切な保守点検・維持管理のために、点検管理システムを導入して点検の実施から管理や報告までを一元管理し、万が一の場合にも損失を抑え価値を維持できるようサポートを行っています。

一般社団法人太陽光発電安全保安協会(JPMA

一般社団法人太陽光発電安全保安協会は、情報発信や基準の策定および機器の選定、メンテナンス技術の開発などを行い、安定した太陽光発電を維持・保守できる技術者を育成することで資源や環境の保全を目指しています。発電システムは保守点検や管理を行うことが重要です。

しかし、保安基準や管理方法が確立していないことに注目し、不具合や事故、災害につながらないよう、業界にとらわれず広く技術者を育成することを掲げているようです。その実現に向けて、一般社団法人太陽光発電安全保安協会が設立した技術者認定資格制度が「太陽光発電メンテナンス技士資格」です。

この資格取得に際しては、業界での経験や保有資格がなくても、誰でも太陽光発電の基礎知識からメンテナンスの基本までを学べます。さらに、実際の設備で測定器の使い方などを実践的に学べるだけでなく、高圧設備や特別高圧設備といった部分まで学習可能です。そのため、営業職など太陽光発電に関わるさまざまな業種の人が体系的に理解を深められ、現場で役立つ知識を身に付けられるというメリットがあります。

実際に、アフターサポートを行う施工業者や設備を管理している不動産会社などに活用されている資格です。各メーカーと不具合などに関する情報を共有しているため、情報提供や活用例などの提案といったサポートも行っています。

一般社団法人太陽光発電アフターメンテナンス協会

一般社団法人太陽光発電アフターメンテナンス協会は、メンテナンスによる業界の健全な発展を目指して、システムのメンテナンス内容の基準化やシステム導入の際のメンテナンス支援、メンテナンス事業者を対象とした研修教育などを実施しています。

適切なシステム運用のサポートのために6つのメンテナンスサービスを掲げ全国で対応していますが、そのひとつが定期巡回サービスです。年に4回の定期巡回で、モジュール表面の汚れや雑草およびゴミなどの状況、フェンスの状態などをチェックして写真で報告を行います。定期点検では管理が疎かになり事故の発生につながらないよう、監視システムを使った発電量の確認やパネルやケーブルの破損チェック、架台・基礎の腐食の点検などをプロの目視点検と測定作業により実施しており、高圧設備についても同様のサービスを提供しているのです。

また、20年間毎日遠隔操作システムで行う発電モニタリングと現場駆けつけサービスによりトラブルにより、発電状況の異常を即座に発見し手動復旧を行って売電のロスを最小限に抑える仕組みをつくっているのも特徴です。システムを熟知した専任者による雑草対策と報告も行うので安心ですね。発電効率を保つための洗浄として、年に3回の高圧洗浄を行っているのもポイントです。その他、各種保険サービスが充実しているため、チェックしてみてください。

 

太陽光発電システムを効率的かつ安全に運用するためには、早期に適切な保守管理や点検を行うことが必要不可欠です。しかしその基準は確立しておらず、各協会はこれらを進めてシステムの普及を目指した人材育成やさまざまなサービスを行っています。

【産業用太陽光発電】メンテナンス(O&M)業者おすすめランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名とくとくサービス株式会社ウエストO&Mタカシマメンテナンス自然電力グループafterFIT
特徴災害時の駆けつけ無制限
独自のサービス「制御補償」
24時間365日体制の監視センター高い専門性や知識幅広い調達力と交渉力カスタマイズ可能なO&Mメニュー
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧